健康な体のためには、気持ちもメンテナンスもとても大切!

気持ちもメンテナンスの重要性

自分の体に意識を向ける女性が増えてきています。これは病気の予防や早期発見という観点からもとても良い傾向ではないでしょうか。

 

しかし、健康な体をつくるためには運動をしたり、毎朝栄養たっぷりのスムージーを飲んだり、マッサージを受けたりすることだけでは足りないことを知っていますか?

 

健康な肉体をつくるためには、健全な心が必要なのです。健全な心をつくるために、あなたの気持ちを定期的にメンテナンスしてあげましょう。

 

気持ちのメンテナンスに必要なこととは?

 

仕事や家事、育児や介護、人間関係などなど、あなたをとりまくストレスフルな状況に、心が壊れそうになっていませんか?

 

そんなときでも、仕事や相手のことを考え、自分の気持ちは後回しにしてしまう人は要注意です。

 

自分を後回しにして、相手や仕事につくすことはとても立派なことです。

 

しかし、たまには自分の気持ちにしっかり向き合って、「私は今、怒っているのだ」「私はとても悲しいと思っているのだ」と自分の気持ちを認めてあげましょう。

 

そしてときにはひとりで大声で怒ったり、お風呂で大泣きしたりと、自分の中にたまっている感情を外に出してあげるのです。

 

ネガティブな感情を抑え込むことは、あなたの精神衛生上、良くないですよ。

 

気持ちが元気でないと、病気になりやすい?

 

『病は気から』という言葉を聞いたことがありますか。

 

この言葉はあながち嘘ではないと医学の場でも言われています。

 

心配なことや、悩み、ストレスが多い毎日を送っていると、自律神経の乱れが生じ、睡眠が取れなくなったり、食欲が減退したりします。また、気持ちが弱っているときは免疫力も低下するとも言われています。

 

つまり、気持ちが下向きだったり、悩みやストレスで心がいっぱいになっている状況が続くと、病気になってしまう可能性も否定できないのです。

 

病気になりたくない、健康でいたいと願うのであれば、健康診断や人間ドックを受診したりするだけではなく、あなた自身の気持ちもしっかりケアしてあげる必要があるのです。